読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機械が補佐する領域

その他

コンピュータ単体でできることを特別視する傾向があるが、単体でできることよりも人との連携の方が、当たり前だけれどずっと応用範囲は広い。

コンピュータと人間の関係が明らかになると種明かしされたように興をそがれることがある。

要するに機械が単独で振舞っているように見えることが期待されている。

ビッグデータ機械学習も最先端のアルゴリズムも、人の介在を隠蔽された方が神秘性が高くなって未来感が高まるけれど人を機械が補佐した方が効率が良い。

機械が介入すべき点は、今まで人のみで行われていたもののうち、繰り返しの作業、記憶や集中力が求められる作業だろう。

例えば情報の検索、整理、分類、仕分けといった作業をサポートする。

具体的には画像診断のサポートや裁判資料の収集。

脚本の構成や献立の準備もそういったものの一つかもしれない。農業にもコンピュータが介入し始めた。今まで全く無縁と思われたものにも介入されるようになるのだろう。