読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Medium を試した

書くことに特化するということ — Medium

たぶん Ommwriter のような世界を Web で実現したらこうなるのだろう。「書き心地」は確かに良い。編集系の機能は隠されていて、テキストをハイライトした時などにふっと現れてくる。あるいは行頭に小さな吹き出しとして存在していて、クリックすると詳細が展開される。とにかくカーソル以外見せないぐらいの意気込みを感じた。

インポート機能というのがちょっと面白くて、URL を入れるとそこのテキストを持ってきてくれるというもの。試しに自分のブログをインポートしてみたら、まあ確かに執筆のハードルは下がるかなとは思ったけれど、それだけだと単なる焼き直しでしかないので、使い道にはどういうものがあるのだろう。

書き心地の良さからくる書くことの楽しさを再認識させてくれるという意味では出色なのだけれど、ブログをいくつも持っても書き分けられるほど器用ではないから、ここで書き綴ってきたものと Medium とで何か違いが出せるのかというと疑問。どういうときに Medium を使えばよいのだろう。例えばこのブログを書くための入力インターフェースとして Medium が使えるとかだと便利なのかもしれない。Medium 側にどんな利点があるかはちょっと分からないけれど。