読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泳ぐのに、安全でも適切でもありません

あなたはこのサンプルを無視することができます(can)。
その場合もあなたは同様の表現をこの文章のなかで見つけるでしょう(will)。
こう書くとあなたはこのサンプルの意義を疑うかもしれません(may)。
それでも私はこのサンプルを書かなければなりません(must)。
私たちは注意深くない人も気付くように気を配るべきです(should)。
チュートリアル英文翻訳調の文章の書き方

翻訳調の文章は読む機会が多く、定型化された形式に沿って文が展開される分、理解しやすく読む労力も少ないように思う。技術的な文書は特にそうで、凝った導入やコラムを除いて粛々と読み進められる方が良いように思うから、書く側としてもこのことを踏まえて翻訳調の技術を身につけておくのは良いことだと思う。(ここまで全く翻訳調ではないけれど)

翻訳調に限らず、各業界にはそれぞれに定型があって、仕事を離れた文章にもその一端が垣間見えることが多いと思う。そこからその人の属する業界を推測できることもあるし、意外な発見もある。メールから気づくことも多い。