読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」

あまりにも多くの情報を手にすると、私たちは本能的に気に入ったものを選び、それ以外は無視する道を選ぶ。そして同じ選択をした人たちを味方とし、それ以外を敵とするのである。

データを集めさえすれば有用な知見が得られるというわけではない。ノイズをかき集めても意味のない「結論」しか出てこない。シグナルが本当にシグナルなのか、見たいものを見ているだけなのかというのはよくよく気をつけなければ分からない。そもそも「気をつける」なんてナイーブな姿勢では結局ノイズをつかまされるだけなのだろう。

Amazon.co.jp: シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」 電子書籍: ネイト シルバー, 川添 節子, 西内 啓: Kindleストア