読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ガラホ」は残念な Android ではなく、新たなガラパゴス進化の始まりかもしれない

auから「ガラホ」登場 姿はガラケー、中身はAndroid「AQUOS K」 LTE対応、テザリングも - ITmedia ニュース

  • タッチパネル非搭載
  • Google Play 非対応
  • 画面はテンキーから操作

一見「残念な Android」だし「ああ、ガラケーね」と言うことも可能だけれど、汎用的なモジュールとして Android を利用したガラケーフィーチャーフォンのリバイバルになるかもしれない。

スマホほどの機能を必要としていないとか、タッチパネルよりも物理的なキーのほうが操作しやすいといった向きへのニーズはあると思う。ガラケーの基本的なスペックが Android に比べて見劣りすることを理由としてスマホに乗り換えた人が戻ってこれる場所になるかもしれない。

そしてスマホのヘビーユーザの需要をこのガラケーが満たすような進化が起こると、ガラケーの破壊的イノベーションが起こり、日本がガラケーに回帰する日が来たりするかもしれない。

Watch や Glass などの表示デバイスが台頭すると、スマホの一画面で全てをこなす必要がなくなってくるかもしれない。するとスマホは電話に回帰し、通話としての利便性が再び追求されるかもしれない。そうしたら「やっぱりフリップフォンって便利だよね」的な世界が来るだろうか。「ガラホ」はそんな妄想を掻き立てられて面白い。