読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書)

「僕の世代では、最も頭の良いやつの仕事は他人に広告をクリックさせることなんだ」と彼はしばしば言う。「最低さ」。

話は株の取引を初めて「自動化」した話から始まる。この自動化装置は一旦禁止されるが、直ちにカメラと機械の指を持つロボットに置き換えられて引き続き自動化されたという。ここに始まる自動化は最終的にはファイバーをいかにまっすぐ施設するかに行き着き、証券取引所のサーバに対し少しでも早く注文を出したものが勝てるという世界になっていく。

アルゴリズムは証券取引だけでなく、裁判におけるドキュメントの精査、病気の診断、作曲などにも応用されている。

Amazon.co.jp: アルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書) 電子書籍: クリストファー・スタイナー, 永峯 涼: Kindleストア